近年光回線の業者の者がお年寄り宅を訪問し契約トラブルを起こすことが急増しています

近年になって、光回線の業者の人が高齢者の家を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが増えつつあります。
この事態を深刻にみて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
自分のタブレットやPCをネットにつなぐためのWi-Fiルーターにスマートフォンを使用することをテザリングと称します。
ヤフーのモバイルであるワイモバイルでは、ソフトバンクと同様にただでテザリングオプションを利用できてしまいます。
ただし、使用する時には毎月のデータ通信の契約量を超えないよう、気をつける必要があるんです。
ワイモバイルを称するとスマートフォンの一か月の料金が異なる大手の通信をするためのブランドと比較して非常に安価な金額という場合があります。
ワイモバイルを開始した人がどんどん多数になれば、人気が出て契約数が増えて数字が伸び、3つの主要な会社の料金も下がってくると言う良い流れになる思いますので、楽しみであります。
wimaxの申し込みをする場合に気がかりだったのは、回線の速度のことでした。
無線となっているので、自分が住む状況にずいぶん影響されるのではないかと感じたからです。
正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度を確かめることができました。
十分な早さだったので、早々に契約しました。