Loading...
Latest news

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

これははじめから決まっていたことではあります

これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間迄は、すでにNISAの運用をしていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーの制度が利用できたのですが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却するか課税される普通の口座に移行するかの二択になります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAとジュニアNISAの違いをご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

ではジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫のために、親御さんなどが代理で運用していく仕組みになります。

ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

ジュニアNISAは、18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAは非課税というメリットがある一方でデメリットもあります。

1番のウィークポイントは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、引き継いだ額分、新たに買ったということになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから実際に引継ぎをする場合でも含み損がでていれば一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAで投資信託を行うのは初心者と言われています。

なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという性質上手数料や信託報酬といったコストが掛かってくるのでその点は理解が必要です。

NISAの失敗にはどのような原因があるのかご存知ですか?考え方自体は実は非常にシンプルです。

大きく分けると、まずはNISAの仕組みによって起こるもの、金融商品ゆえにはらんでいるリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗について説明すると、期間終了時に含み損が生じていた場合に、そのまま通常口座に移行させ株価が値上がりしてしまうと、値下がりした後の金額が基準になっていることから利益がでたとみなされ、含み損があるのにも拘らず課税されてしまうことです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによるデメリット見誤り非合理的な行動をとってしまうリスクというのは、NISAの120万円という枠におさまるように投資先を考えるタイプの思考法のことです。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長5年という条件があり、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAは毎年120万円と枠が決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAの解約方法について気になる方もいらっしゃると思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

ただし条件があって残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に則って進めることになります。

もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。

必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳までは解約不可となっているiDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?

あなたがもし初心者だったとすれば、まず先に分かっておく必要があるのはNISAだからどうかということではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

これは単純に預金より投資のほうがリスクが大きいという話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上で、自分の投資に対する考え方と金融商品の特徴を合わせて考えてみましょう。

今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度が開始した当初より少し変わりまして、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも先程と同様に1年に1回変更が認められています。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

結論からいうと、そこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円なので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

予算があまり取れない方にもおすすめです。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。

もう少し具体的に言うと、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに送付することになります。

必要な書類は手続きを申請した段階で郵送などで送付されます。

解約しようと思えばいつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約不可なiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、それだけ始めやすいとも言えます。

NISAは非課税という最大のメリットがありますがその一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で期限を迎えた場合、証券会社であれば特定口座か一般口座に引継ぎとなりますが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新たに買ったということになります。

50万で買った株が含み損で25万円になった場合、引き継ぎ時には25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

こういう手間など総合的なコストを考えると実際的なデメリットと言えそうです。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

ただはじめるだけであれば、ご近所のゆうちょや銀行の支店などでもはじめることができます。

とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券がオススメです。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、ひとりにつき1口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。