Loading...
Latest news

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円程度がかかるため、投資できる数は限られてきます。

一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。

その一方で、投資信託というのは複合的な金融商品のため、資金が制限されているNISAであっても分散投資が可能です。

投資予算があまりないという方にもおすすめです。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が日常の生活の上で、ちょっとした資産運用で投資を始めようとするときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

老後にある程度まとまったお金が必要だと考えているなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

将来、生き残っていそうな企業を見つけるなど、投資について考えてみましょう。

NISAのリスクについて説明します。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないというのが最大のメリットなのですが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで気を付けなければいけないのが5年間という期限があるところです。

期限が切れそうなときに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

生活のバランスを崩さないように貯金もしつつそのうちのいくらかを投資に回してみる。

といったことはよく言われていますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

となるとお金がない人は参加できませんし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAで取引が可能なものは、ざっくりと分けて、株と投資信託、ワラント債というものがあります。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクな債券も対象外です。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAという仕組みが後継として生まれたことからも長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もし投資自体が初めてという方であれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンという両面性についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAにはロールオーバーという仕組みがあります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じです。

ただし、NISA自体が2023年までとなっていますので、これからNISAをはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?

いわゆるしがらみのようなものがないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは、NISAについて詳しく説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、支払うコストが低くなるということですから、折角なら手数料が安くなる可能性も上げていきたいところです。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAと積立NISAの違い端的に紹介すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用することができないというのも気を付けなければいけないポイントです。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

現金だけでも家計には限界があるし投資も考えないといけないかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、少額投資ならではのリスクというものもあるのです。

株を例にとってみると、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

そこで投資信託という仕組みに注目があつまるのですが金融で仕組み化している分の手数料のようなものがかかってきたりします。

NISAの投資信託は初心者向けとなります。

なぜかと言うと、投資にかかる費用が少なくて済むからですね。

現物株の場合は一般的には、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、投資できる数は限られてきます。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらう場合、信託報酬などが必要になってきますのでその点は理解が必要です。

NISAの失敗にはどのようなものがあるか気になりますよね。

まずはNISAの仕組みそのものによって起こる可能性があるもの、金融商品であるがゆえのリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けたいと思うことで非合理的な行動をとってしまった場合のリスクの3点です。

NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行し幸か不幸か株価が値上がりしてしまうと、含み損が出ていた時の金額が基準になってしまっているので利益がでたと判断され課税されてしまいます。

金融商品自体がもっているリスクというのは、NISAじゃなくても値下がりしたら損するよねということです。

NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、NISAの枠が120万円ですから、その間に収まるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことを指します。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

期限につきましては当初から決まっていたことではありますが、これからNISAをはじめる方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

一応解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。