Loading...
Latest news

NISAに設定されている非課税枠ってどうなってるの?

NISAを利用する最大の目的は非課税ということにつきますよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

120万円の非課税枠は使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったあとに売却しても30万円分の枠は返ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

そして、枠自体の持越しもできませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、この5年が経過した後にその年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていてもそのまま引き継げます。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーついては基本的には同じです。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり関係がないことなのかもしれません。

投資に興味がある方は、まず最初はNISAのはじめ方から勉強してみることをおすすめします。

始めるだけであれば、ゆうちょや銀行の支店などでもはじめることは可能です。

とはいえ、本当に「ただはじめるだけなら」ということになりますので、堅実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどで扱っている金融商品というのは、ローリスクローリターン型になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるとかでなければ、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などでも見たことがあるという人も多いかと思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

口座に預けても預金金利が低いのでこれからは投資の時代だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。

先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?あなたが投資をするという経験が今までなかったなら、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。

NISAで1万円から投資をしてみたいなぁと考えている人は結構多いです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

といったことが経済情報サイトなどで言われていることもありますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株式取引をメインに考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、特定の1つの会社がどうなるかなんてそこまで信頼できることでもありませんから、ある程度の資金があるとしてもやはり機関投資家ではないので限界はあるわけです。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

期限が切れたらそこでおしまいというわけではありません。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。

あとはNISAではなく普通の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、人によって投資方針はいろいろだと思いますが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないことによるリスクがあることは知っておいてください。

日本では2014年にスタートして、毎年120万円の非課税枠があります。

NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投信といった金融商品の利益を限定つきで非課税にする制度です。

実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

非課税という素敵な響きが魅力ですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

NISAの期間は最長5年までで、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。

預金しても金利が低いからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクをよりも何のためにやるのかという目的をきちんと明確にすることです。

子供が大人になった時にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先にどういう社会になっているかどうか想像してみるといいですね。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円なので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に高額な資金を投資するという心理的なハードルも高いですね。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAのリスクを紹介します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同じですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度処分した後、再び買い戻したりする必要があるかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

運用しているNISAを、他社もしくは他行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回変更することができるようになりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になるのは変更前に買った株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。

でもそこは大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

ただし、NISAという枠組み自体の制限は忘れないように気を付けましょう。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

これははじめから決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

2023年になるまでは、すでにNISAをやっていて5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

それではNISAの期限が切れる一体どうなるのでしょうか?その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAで運用していた非課税口座と一般の課税口座の間で移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAにはロールオーバー制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠は毎年120万円と決まっているのですが、購入した商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぎが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーついては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。