Loading...
Latest news

NISAの120万円の非課税枠は使い切りです

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAの利点を十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

一応解説すると、「120万円まで」という枠なので120万円を超えることはできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、リスクリターンがついて回るという投資の特徴についてです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資ファンドがどういう方針で景気の変化とどう関連しているのかなどは知っておかないといけません。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAのリスクには大きく分けて2種類があります。

まず一つ目がNISAという仕組み自体が抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度売ってから、再度買い戻しをすることになると手間がかかります。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料が0円であること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

その代わり上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAでの投資信託は初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄によっても異なりますが基本的には、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大金を投資するという点で心理的なハードルも高くなります。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、資金が限定されているNISAでも分散投資が実現できますね。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。

そのデメリットとは損失の繰り越しができないということです。

含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、そのとき扱いとしては手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で購入した株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、25万円で買ったことになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益という扱いになってその5万円から税金が引かれるということになるんです。

ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。

そういう手間や手数料を全てひっくるめて総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という条件があるのですが、5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。

NISAの投資枠自体は年間120万円の範囲以内と決まっていますが、購入した商品が120万円を超えていても、そのまま引き継ぐことが可能です。

ジュニアNISAについても、枠の上限額や払い戻しのルールに多少違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には同じものとお考えください。

とはいえNISAは2023年までの仕組みですので、これから始める人には、あまり気にする必要はないかもしれません。

NISAで取引可能な商品はというと、

ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株といっても、ハイリスクな信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際にでも安定して強いと言われている、金やプラチナといった先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが誕生した理由も、長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先の銀行とのお付き合いで…ということでなければ、取扱い金融商品が豊富で、基本的には手数料が安いネット証券がおすすめですよ。

ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、結局のところ、支払うコストが低くなることに繋がりますから、それだったら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですよね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAでおすすめされているのはどういう理由なのでしょうか?もしあなたが投資の初心者だったとすれば、理解しておく必要があるのはNISAという仕組みについてではなく、リスクリターンという両面性についてです。

これは預金と比較してどうかということではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

分かりやすく株を例にしてみると見通しが立たない会社の株は売られて値下がりします。

投資信託などは銀行などの身近な金融機関でも販売されているためなじみがあると思いますが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

その上で長期視点なのか積極的にトレードするのか投資に対する考えを整理するとおすすめは自然とみつかりますよ。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組み自体にリスクが隠されています。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失がでたときに損益通算ができないというデメリットがあります。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAには5年間という期限があるところです。

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、その場合、含み損が発生していたとしても考慮されないのです。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

あとは金融商品自体がもっている性質によるリスクというのは当然あります。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

なぜならNISAには最長5年間という期限が決められているからです。

タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。

その時の時価で株や投信を一旦売却することができます。

あとは翌年以降のNISAの枠を使ってそのまま持ち越すこともできます。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。

NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損をそのまま引き継いで証券口座で運用した場合、何も考えずに投資をすると結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAは解約できるのか知りたいと言う方もいるかと思いますが、解約手続きは可能ですのでご安心ください。

ただし条件があり、残高があると解約することはできません。

証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的にお話すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類が必要になります。

必要な書類は手続きの申し込みをした段階で郵送などで送付されます。

いつでも解約可能な点は、原則60歳まで解約できないiDeCoと大きく異なります。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。

ただはじめるだけなら近所にあるゆうちょや銀行の支店などでもはじめられます。

とはいえ本当にただはじめるだけならということなので、収益を上げることを念頭に置いている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょといった身近な金融機関で販売されているのは、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。