Loading...
Latest news

ぶっちゃけNISAって税金どうなるの?

NISAとは簡単に言うと、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本で始まったのは2014年で、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとりにつき1口座を持つことができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、金融商品の配当や売買差益といったものが該当します。

毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAに興味がある方は、はじめ方から調べていくことをおすすめします。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設することを強くおすすめします。

基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託になります。

悪くはないのですがそれしかないというのがちょっと気になるところ。

独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までのお子さんやお孫さんなどために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫の備えという2つの面があります。

ジュニアNISAには原則18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

NISAの枠組み自体が終わった後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまでは金融商品を非課税で保有し続けられるというのは大きなメリットですね。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、その中でも分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、長期分散投資に適している公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

上限が少ない代わりに非課税投資枠が20年間まで最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAの口座を開設したいと考えているなら、まず最初に検討すべきことはどこを利用するかということでしょう。

NISAの口座は一人一つしか所有できませんので、NISAに対応している金融機関の中から、どこが一番いいか厳選する必要があります。

一番有力な候補としては証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安いだけではなくキャンペーンなども合わせて比較するといいですね。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている場合もあります。

投資金額が比較的少な目であれば、キャンペーンを重視するというのもオススメです。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておきましょう。

120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉がよく使われるので勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは出来ませんので、年内に使いきれなくても翌年その分増えるということはありません。

NISAのリスクについて説明します。

1点目は、NISAという仕組み自体が抱えているリスクを紹介します。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同一ですが、NISAの場合で特に注意が必要なのは5年間という期限があるところです。

満期までに通常の口座に移動させることはできるのですが、含み損が発生していても考慮されません。

一度売ってから買い戻したりする必要があるかもしれません。

そしてもちろん金融商品自体が持つリスクというのは当然あります。

ですが実際にやってみるかは難しい問題ですよね。

NISAによる資産形成の話は、資産運用界隈では良く耳にする話題ですし、雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってしまうのはもっと嫌ですよね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールを確認しておくことが重要です。

120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。

枠という言葉で勘違いしやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

もしかしたら誤解しているがいるかもしれませんので、解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は、その年の分そのまま消滅します。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

という類のことを言う人もいますしそう考えるといいことのような感じがしてきますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株式取引をメインに考えてみますと、株ってやろうと思った人には分かると思うのですが結構大きな額が必要です。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、一社をこれだと思って選んだとしてもそれが正しいかどうかはなってみないと分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。

株と一口に言っても、リスクが高い信用取引は含まれませんし、わりとリスクが少ないと言われる債券についても対象外になっています。

人気のある外貨MMFなども含まれていないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなどのハイリスク型の商品ももちろん含まれません。

NISAが生まれたワケですが、日本では預金する人がとても多いため、預貯金する分を株式投資に回すことで、経済全体が活性化するのでは?と考えられて生まれたのだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的な運用が狙いのようですね。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

なぜかと言うと、投資額が少なくて済むからです。

現物株の場合、1単元あたり数万円から数十万円程度必要になりますので、あまり数多くの銘柄には投資できません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、資金が限られているNISAであっても分散投資が実現できます。

投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうという手数料などのコストが掛かってくるのでその点は注意しましょう。

NISAとは分かりやすく考えると、株や投資信託などの取引を活発にして家計と経済を回していくために利益がでたら非課税にしますよという仕組みです。

2014年に日本でスタートした仕組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、配当金や分配金や譲渡益といったものが対象です。

期間は最長5年までということになっていますが、今現在NISA以外で保有しているものはNISA口座に移管させることはできません。

NISAにはロールオーバーという制度があります。

NISAには最長でも5年という制限があるのですが、この5年が経過した後、その年の新たな非課税枠を利用して、そのまま移行することをロールオーバーと呼びます。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でもそのまま引き継ぐことができます。

ジュニアNISAも枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係がないと言えるかもしれません。